ラブソング

  • やまがたさとみ

  • 芳文社

「うわっつらでつき合うくらいなら仲間ハズレにされた方がマシ」 大好きな姉以外に心を開けない高校一年生の中野敦(なかのあつし)は、 バンドを組みたいと思いながらも孤立していた。 頑なな敦を心配する姉は、自分の同級生・高瀬祐一を引き合わせた。 インディーズバンドで活躍する高瀬の奏でるギターの音色が敦の心に同調して、 「一緒にうたってほしい」という高瀬の誘いは、 まるで愛の告白のように敦を虜にした。 大量描き下ろしで綴る危うい恋の彷徨。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持