おもいで橋我楽多本舗

  • 芳家圭三

  • 芳文社

物の声が聞こえる少女・七穂。ひとりぼっちの彼女を温かく包んでくれたのは、壊れかけた道具たちの優しい声だった。やがて、七穂は、ひとりの青年と出会い…。注目の新鋭作家が描くヒーリングストーリー。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持