狐の婿入り 分冊版

  • 北国良人

  • 双葉社

「だからもっと 私を欲しがって――」
家のために強要される嫁取りにうんざりしていた青年・義重。
そんなある日、狐の妖怪が現れ、
義重と結婚の約束をしたと言い張るが…?
「くたばれ妖怪ィイッ!!」「神の使いです 塩禁止ッ!!」
ピュアな天然系の狐×人間嫌いの青年のハイテンションラブ!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持