さざなみチェリー

  • 神吉

  • 一迅社

通学電車でいつもいっしょになる美少女に恋をした少年・汀一弘。彼は意を決して、その娘に告白をすることに。彼女・高野漣に真摯な思いが通じ、舞い上がる一弘であったが、それに漣はこう付けたした。「ボク男なんだけど、それでもいーい?」

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持