もっと、いっぱい、ぜんぶ、ちょうだい!

  • 灰二

  • 一迅社

虎太郎は高校3年の受験生。塾の帰り道、ストリートライブをしている司に一目惚れしてしまう。声も好き、顔も好き、歌も好き、…全部好き。たまんない!その日以来司のことばかり考えてしまう虎太郎は毎週会いに行くように。勢いで受験勉強を教えてほしいなんて言ったらあっさりok。がまんできなくて告白したら司の答えは無言のキスで…ピュアで元気いっぱいの表題作のほか、近距離ですれ違う幼馴染の片恋を描いた[この距離は髪一重]、恋人たちが新しい一歩を踏み出す[ただいま、いってきます]など、ちょっぴりセンチメンタル、だけど心があたたかくなる5編をお届け。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持