早春賦

  • 福原ヒロ子

  • ぶんか社

関口望は高校3年生。望の両親は半年前に交通事故でいっぺんにこの世を去り、彼女はひとりぼっち――…。高校の卒業式を控え、まだ癒えない悲しみを胸に作家だった父の思い出を探ろうと信州の小さないで湯の里を訪れた望は、そこで幼児を抱いたハンサムな青年と出会う――。福原ヒロ子が贈る、ノスタルジック青春系コミックが登場!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持