腹ペコ蜘蛛と長い階段

  • 倫敦巴里子

  • 海王社

「お前の方がタイプかも」 母親のセフレだという美青年がそう囁いた。その日から、オレは千歳と名乗るその青年に援助を受けている。学費と生活費の見返りに食事をつくり、たまにキスをする。それが俺の「仕事」だ。彼は幾つもの顔を持っている。仕事が出来る有能な社長、女にも男にもだらしないろくでなし、俺の作った飯しか食べない偏食家…深入りしてはいけない、この男を愛してはいけない、そう言い聞かせてきたはずなのに───。BLの鬼才・倫敦巴里子が描く究極の愛!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持