月暈

  • 佐々木久美子

  • 幻冬舎コミックス

町医者の助手をしている吾妻のもとに、隻腕の男が傷を負い運び込まれた。彼は5年前、酔った吾妻を無理矢理犯そうとして姿を消した、幼友達の黒重だった。吾妻はこの再会によって、封印していた幼い頃の忌まわしい記憶を蘇らせ――!? 待望の時代ロマン登場!!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持