ちょっと黙って

  • 山野でこ

  • 幻冬舎コミックス

「人の脳に直接自分の心の声を送る」という能力を持っている高校生三年生の雑賀伝護は弟を溺愛する極度のブラコンだったが、最近弟に恋人ができてションボリ中。そんな伝護の前にある日突然、「やっと見つけた」と言いながら別の高校に通う迫麟太郎という年下男子が現れる。どうやら伝護の心の声が麟太郎にだけ、なぜか伝護の意志とは関係なくダダ漏れ状態だったらしい。その事実を知って戸惑う伝護に対し、麟太郎はいきなりキスもしてきて――!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持