嫉妬する母親(単話版)

  • 小野拓実

  • ぶんか社

美しい祖母に似て育った一華。しかし、母は地味でブス。祖母は嫁である母をいつもいじめていた。父と離婚した母が気の毒で、母の味方でいようと思う一華だが、徐々に母親が自分が女性として大人になるのを否定していると感じるように。なぜ男の子と話してはいけないの? なぜ化粧することを許してくれないの? 母の異常な感情に気づいた時、娘は──? ※この作品は『ストーリーな女たち ブラック Vol.7』に掲載されています。重複購入にご注意ください。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持