エイリエルとエアリアンの詩

  • 中山星香

  • 秋田書店

夕の星のエイリエルと、明けの星のエアリアン。金の星二つは、昼と夜のあわいに天空で巡りあう。二つにして一つなる者は未だ互いを知らず、一つの詩を生むこと適わず。そは我が生命、我が魂の半身……。木々のさやぎ、風の声、泉のつぶやきにまじりあって、切れ切れに呼び声が届いてくる――。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持