春雨トンネル

  • 銀川ケイ

  • 日本文芸社

3年前、4月最後の雪が降ったその日、たったひとりの姉が死んだ。婚約者を残して――亡き姉の婚約者だった英司に片思いをしている旭。英司が自分を甘やかすのも、優しくするのも全部姉の代わりだとわかっていた。思いを伝えられなくても、恋が叶わなくても、ただ側に居られるだけで良いと思っていたのに…。哀しく優しい春の雨をくぐり抜け、英司と旭が辿り着く先は……?切なさが胸を締め付ける、感動の恋物語。

この作品は巻単位でも配信されています。巻一覧へ

この作品は巻単位でも配信されています

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持