白虹

  • 長岡良子

  • 秋田書店

"修一郎と薫"シリーズ、三作目! 大正八年、夜道で暴漢に襲われそうになっていた大阪朝日新聞の記者・長谷川万次郎を助けた修一郎と薫は、そのことをきっかけに「動乱の夏」とも言うべき季節へと巻きこまれていくことになる。列強国を目指してめまぐるしく変わっていく日本、その大きな胎動が伝わってくる連作集。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持