恋愛書評~ヒミツのしおり~

  • 佐々江典子

  • 秋田書店

本が好きな私は学校の図書館で本を借りては、通学の電車内で読むのが日課だった。そんなある日、私が借りた本の返却場所にメモが挟まれていた。そのメモは私が借りた本を後追いで読んでくれている誰かが、私あてに書いたメモ。本の感想文。私はそのメモに夢中になって、メモの差出人を好きになった。そしてその差出人が誰だかわかって…?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持