国際軍事法廷

  • 江波じょうじ

  • グループ・ゼロ

1950年代から民主主義国家において暗躍していたと噂される非合法諜報機関「国際軍事法廷」。国際軍事法廷の執行官「大佐(カルゴ)」と言えば、共産圏の諜報員なら知らぬ者のいない存在だ。世界平和の名の下に共産国家の諜報員たちは彼の手によって闇へと葬られていった。叛乱、暴動、革命の時代……カルゴは、さらなる処断に乗りだそうとするが、ハンガリーの軍事諜報機関に捕らわれてしまう……。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持