星海プラント

  • 時破かなで

  • 松文館

京浜工業地帯の主軸をなす人工島・星海プラント。碧は開拓者である祖父の虎の穴ばりの厳しいシゴキに耐え、日々働いていたが、社長の運転手である彰久がなぜか苦手だった――。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持