声だけ愛して

  • キャサリン・ジョージ/宗真仁子

  • ハーレクイン

骨董店に勤務するナオミは、オペラハウスで偶然、著名画家ブランと出会う。ナオミの姉、ダイアナはその話を聞くと、ナオミに彼の秘書となり、情報を流して欲しいと懇願する。ジャーナリストのダイアナは、マスコミ嫌いのブランの特ダネを欲しがっていたのだ。愛する姉の頼みを断れずナオミは、ブランの要望に応じてテープに録音した略歴を送り、見事、秘書に採用される。罪悪感に苛まされつつ、秘書として仕事を始めるナオミだったが、ブランにはとんでもない秘密が!?

この作品は巻単位でも配信されています。巻一覧へ

この作品は巻単位でも配信されています

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持