天元坊

  • 山松ゆうきち

  • グループ・ゼロ

江戸末期の鳥取藩・因幡郡円柱寺村。間引きされかけた男の子忌吉は、とろい上に盗み食いをして脚を折られた。役立たずと馬鹿にされるが、将棋を覚えて1文を賭けて勝負し、飢え死にを免れていた。願光和尚に負け、教えを請う。父が死んで一家離散した忌吉は、寺に引き取られて碁も覚えた。鬼封じの天元打ちを教えた願光は、城に呼ばれての争棋で体力をすり減らし、忌吉に九登寺に行けと言い残して死ぬ。「奇手鬼封じ」 数奇な運命に弄ばれた天才棋士の物語。以下「賭け棋士誕生」「苦悩する忌吉」を収録。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持