Love Silky 爪痕は桜の色

  • 岡野史佳

  • 白泉社

桜前線の北上と共に私の勤める施設にやってきた、はかなげな彼。大雪の日に山で遭難して記憶を失ったのだという…。じっと私を見つめる彼の瞳に映っているのは、私?それとも思い出せない他の誰か? 身体の奥がじわっと熱くなる純愛。2人きりの夜、声を出せないかわりに私は…。(40P)(この作品はウェブ・マガジン:Love Silky増刊 Vol.3に収録されています。重複購入にご注意ください。)

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持