アンチロマンティストの憂鬱

  • やまかみ梨由・鷺沼やすな

  • 日本文芸社

「いくら払ったら、やらしてくれる?」オカマバーに勤める稔に、どぎつい誘いをかけたかけた客・城山寛。しかし城山は家族のために働く稔を包み込む、優しい陽気さを持っていた。何度かのキスの後、崩れこむように、城山の指を許してしまう稔。ストレートである自分を曲げ、抱かれてもいいと思い始めた頃、城山に犯罪絡みの秘密があることを知る。そこに、「条件を飲めば、アイツの過去を話してやる」という男が現れて――!?

この作品は巻単位でも配信されています。巻一覧へ

この作品は巻単位でも配信されています

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持