虹色の吐息

  • ジュリー・ケナー/なかお樹莉

  • ハーレクイン

映画プロデューサーを目指すリサは、大きな仕事のチャンスを掴むため、恋人のケンと離れてニューヨークへ赴く――。苦い別れから5年後、あるスキャンダルによってリサが苦しい生活を送る一方、ケンは高級レストランを次々オープンし、成功を収めていた。そんな彼のもとに、突然リサが現れ、お店を撮影に使わせてほしいと頼み込んできた。追い返されて当然と思っていたリサに、ケンはこう言い放った――「僕は君と寝たい。僕を満足させたら、店を好きに使っていい」

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持