わたしの小鳥先生

  • 水月とーこ

  • 竹書房

背が低いのを気にしてる小鳥くんと
6歳年下で天真爛漫なほたるは、
幼なじみでイトコな間柄。

そんな2人が4月から、
同じ高校の先生と生徒
になりました――。

『色素薄子さん』の水月とーこが贈る、
ほのぼので、ちょっとドキドキな物語!!

この作品は話単位でも配信されています。話一覧へ

この作品は話単位でも配信されています

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持