大正四葉セレナーデ

  • 香日ゆら

  • 竹書房

父を亡くし、天涯孤独となった田舎娘の北村小夜子。
女中にでもなるつもりが、父の古い友人である瀧川夫妻の好意で都会に呼び寄せられ、女学校へ通うことに。
環境と価値観の違いに戸惑いながらも、頼れるお姉さま方こと菅原静子さま、丸山玉さまに出会って、少しずつ前へ歩み出します―――。
大正を生きる少女たちが織りなす、慎ましく可愛らしい日常を描いた「大正四葉セレナーデ」はじまります。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持