お知らせ

[イベント]【50話達成!】「ころしたのはきみじゃない」記念キャンペーン&特集

時間の記載が20:59となっていましたが、正しくは19:59です。申し訳ございません。

祝!連載50話達成!!

ころしたのはきみじゃない

毎週火曜連載
作者:餅西うまし

【50話】記憶の相違


今すぐ読む


火曜連載作品『ころしたのはきみじゃない』が連載50話を迎えました!
いつも熱い応援本当にありがとうございます!

今回は『ころしたのはきみじゃない』をなんとほぼ全話無料公開の大盤振る舞いしちゃいます!!
さらに『ころしたのはきみじゃない』を読んだことがないという方のために
作品・キャラ・見どころ紹介など作品の魅力徹底解説をお届けいたします!
今まで全く読んだことない方も「最近読んでなかったんだよな」という方も一気に最新の展開まで読み進める大チャンスです☆



連載50話 達成記念①
50時間限定
ほぼ全話無料!!
全レンタル話を無料公開

これを機にもっと多くの人に新しく読んでほしい!
読んだことあるけど最近読んでないなぁという人にもう1回読んでほしい!

そんな思いを込めまして、なんと50時間限定全50話のうち42話までを無料公開しちゃいます!
これ以上の読むチャンスがあろうか!?いやない!
ということで、ほぼ全話無料公開となりますのでこのチャンスをお見逃しなく!

さらに、本キャンペーンが終了後も『【15話】最低なんかじゃないよ』までは今後ずっと無料と致します!


無料で読める範囲

【1話】隣の席の桃瀬さんは殺人犯かもしれない ~【42話】事件と映像の共通点

キャンペーン期間

2020/6/22(月)18:00~2020/6/24(水)2019:59
50時間限定!

【15話】最低なんかじゃないよ までは上記期間終了後もずっと無料でお読みいただけます。

このキャンペーンをツイートしてみんなに広めよう!



連載50話目 達成記念②
まだ読んだことがない人は必見!
特集『ころしたのはきみじゃない』




クラスの気になる女子が…殺人犯!?

本作は「ノートに書かれた事件が現実に起こる」というミステリーに巻き込まれた男子高校生のお話。
読み進めるごとに驚きが大きくなる話題作、ぜひ読んでみてください!

今回は50話を記念して、初めて読む方のために
あらすじや見どころをマンガにてわかりやすくご紹介します♪
「ほぼ全話無料」キャンペーンと併せてご活用ください。

あらすじ


高校生の佐倉 仁は、隣の席の桃瀬 楓が一心不乱に書き込んでいるノートの中身を偶然見てしまう。
そこには「20代男性」「絞殺」「河川敷」などの不穏な文字が踊っていた。
そして、ノートに書き込んである殺人事件が実際に起こる。
彼女は犯人なのか?ノートは殺人計画なのか?
抱える秘密とは…一体何なのか?


主な登場人物


佐倉 仁(さくら じん)

主人公。平凡に生きるごく普通の男子高校生。
ちょっと意気地なしだが、めちゃくちゃ良い奴。


桃瀬 楓(ももせ かえで)

仁と同じクラスの女子。素直でかわいい。
小説の才能があり、将来はミステリー作家になりたいと思っている。


雪原 ななは

隣のクラスの女子。いつもクールで一匹狼。
裕福な家で育ったが、家族同士はあまり仲が良くない。


雪原 みずき

ななはの双子の姉。頭脳明晰で計算高い。
自分より文章の才能がある桃瀬に嫉妬している。


花田 柚季(はなだ ゆずき)

ななはの中学時代の塾講師。23歳。
ななはを妹のようにかわいがっており、協力的。
ニコニコしているが、初対面の桃瀬に親しげに話したり、勝手にあだ名をつけたりする変人。


▲「特集」TOPへ戻る


見どころPick Up

ここより先は作品の本編画像を用いた紹介となります。
ネタバレを一部含みますので
ご注意ください。


桃瀬が犯人ではという疑いが拭えない中、桃瀬から「話がある」と屋上に連れられた仁。
小説家になるためのネタ帳を見せられるが、そこで驚愕の事実を知る。





桃瀬がノートに書いた次の事件は「女子高生暴行事件」。
実際に起こるのかを確かめに、仁と桃瀬の二人は現場へ。
すると背後から突然…!





「暴行した犯人は姉かも」と推測するななは。
姉のみずきは、桃瀬の小説家としての才能に激しく嫉妬していた。





病院から攫われてしまった桃瀬を助けに行った仁たち。
激高したみずきは、ななはの腰に…。





雪原姉妹の事件後、改めて桃瀬の「能力」について考える仁たち。
事件はすべて「特別な閃き」による文章から起こっている
…そう話していた時、桃瀬の脳裏に突然浮かんだ映像は
仁が首を絞められた姿だった…!





桃瀬の能力が「未来予知」なら、このままでは仁は誰かに殺されてしまう―――!?
最新展開はさらにドキドキが止まらない!



▲「特集」TOPへ戻る



改めまして、『ころしたのはきみじゃない』への熱い応援、本当にありがとうございます。
今後ともご愛読よろしくお願い致します!


▲ページTOPへ戻る