お知らせ

[マンガ紹介]「せんせいのお人形」WEBマンガ総選挙2019第6位記念特集!



祝!






せんせいのお人形

完結
作者:藤のよう

今すぐ読む


2019年8月に開催された、WEB発のマンガのNo.1を読者投票で決める「WEBマンガ総選挙2019」
強豪ノミネート50作品中、おかげさまで『せんせいのお人形』は6位入賞を果たすことができました。
ひとえに皆様からの熱い応援のおかげです。本当にありがとうございました!

今回の入賞を受けて、作者・藤のようさんが感謝の特別話を描いてくれました!
無料でいいの!?レベルのクオリティに仕上がっております!

WEBマンガ総選挙2019 お礼特別編


今すぐ読む
※無料です



今回は総選挙で本作を初めて知ったという方のために 「#読者レビューで見る『せんせいのお人形』の魅力」をご紹介します!

また、特集の最後には既に読んでいる方にも楽しんでいただくため
全話の中から「読者コメント数が多かった話ランキングTOP10」をご紹介!
書き込む手が止まらない!\_ヘ(Д`*)タタタタタ
みんなが盛り上がった話は一体どれ!?
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。


目次


Welcome to 「せんせいのお人形」ワールド!
どんなマンガかご説明します!

『せんせいのお人形』はどんな話?

一言でいうと「愛や人生の意味を考えさせられる人間ドラマ」
\いかがわしい話ではありません!(´┓`*)/

どんな人に向いている?

実際の読者データにてご紹介!

#読者レビュー で見る『せんせいのお人形』の魅力

読者の熱い熱い生の声をお聞きください…!
※最終話の「#せんせいレビュー」から一部抜粋させていただきました。

小説を読んでいるような深い漫画なのにキュンキュンするツボも押さえてるので、毎回読んだ後にキュンキュンしてのたうちまわってました笑。
つらいことがあっても『せんせいのお人形』の更新までがんばろう!ともう、生きる糧になっていました!

この作品に出会った頃両親との関係で悩んでいました。
澄花に対する昭明の接し方は、私の知っている『教育・子育て』とは根本から違っていて、初めて読んだ時は、なんというか…ひどく衝撃を受けました。
以来、何度も何度も読み返して、「私は一体、何に衝撃を受けたのか?」「私の両親と昭明さんの違いは?」「教育とは、何なのか」「『心を育てる』とはどういうことなのか」「無償の愛と条件付きの愛の違いは?」そういうことを、ずっと考えていました。
沢山悩んで考えた結果、今は以前よりも自分なりの答えが見つかった気がしています。
実際に親子関係が改善したとか、過去の傷が綺麗さっぱり癒えたとか、そういうわけではありませんが、これからの人生は希望を見失わずに生きていける気がします。

昭明さんとの出会いをきっかけに、感情表現が豊かになっていくスミカがとにかくかわいくて夢中で読み進めました。
その後も、辺見クン、天羽さんと次々と魅力的なキャラクターが登場したり、一佐とスミカの関係性が予想外の方向へと変化したり、ストーリーが重苦しくなっていく中、月島先生がコミカルな異彩を放っていたりと、最後まで本当に楽しく読ませていただきました。

読み始めて以来ずっと、どうか藤のよう先生の思い通りに、最高に美しい形でこの作品を完結させてほしいと、それだけを願ってきました。
打ち切りでもなく、無理に引き延ばすでもなく。
たとえ短い話数で終わってしまったとしても。それが叶ったことが本当に本当に嬉しいです。
完結してから、一話から全て読み返してきました。
これから何十回でも何百回でも読み返すと思います。
学ぶことの楽しさ、愛の形、たくさんのことをこの作品から学ばせていただきたました。

最終話あたりは一気読みしながら、今までにない温かいのに込み上げてくる激しい感覚があって、感動なのか叫びなのか共鳴なのか、衝動ってこういう感覚なのかなという不思議な体験をしました。
大好きじゃ収まらないくらい愛しくてしかたない作品です。

「荒れ庭」だった少女は「活字の海」を渡って「私の創造主」によって人間になった。
でも、自立し自分の足で歩き出した澄花はギリシャ神話のその先を進んでいたように思います。
最後は春に咲く花で満たされた澄花の庭ですがきっと昭明さんの庭も・・・。
生涯触れてきたあらゆる作品の中で最も心打たれた大団円でした。

1度目よりも2度目の方が、今まで出てきた登場人物たちの今まで、またそれぞれの未来についての感動が込み上げてきてしまって…これが"愛しさ"なのかもしれないな、と思いました。
繰り返し読むごとに愛しさが増す物語。染み込んでくる優しさの物語。



いかがでしたでしょうか?
熱すぎる読者コメントからも、本作品の魅力を感じ取って頂けたかと思います。

「よし、読んでみよう」と思ってくれた人のために!
現在下記のキャンペーンを実施中ですので、併せてご利用くださいね。



また、以前公開した過去の特集もありますので、こちらも併せてご覧ください。
初心者さん向けに作ってあります!

前回特集はコチラ
※特集内にあるキャンペーンなどは
すべて終了しています


▲目次へ戻る


実施中のキャンペーン①

期間限定
15話まで無料で読めます

15話まで本編無料!
なんとコミックス第1巻収録の1~15話が、まるまる無料で読めます。
この機会にぜひ読んでみてください!


無料開放話

【第11話 「もう一回やりなおす」】~【第15話 「決めたんだよ、わたし」】まで
※【第1話 「俺は教育するよ きみを」】~【第10話 「ネヴァーモア」】はいつでも無料となっております。

無料開放期間

2019/10/17(木) 14:00~2019/10/31(木) 14:00 まで


▲目次へ戻る


実施中のキャンペーン②

全話パックで購入すると50%割引

新しく読む/途中まで読んでいたあなたのために!
この機会にまとめ買いはいかがですか?
期間限定で全話パックがなんと50%OFFで購入できちゃいます!


通常価格で「せんせいのお人形」を1から全話購入すると約5600coinになりますが
この機会に購入すると約2800coinで全話購入可能!
「せんせいのお人形」をお得にあなたの本棚に全話揃えてみてください!

全話パック50%OFF期間

2019/10/1(火)0:00~2019/12/31(火)23:59

注意事項

・話一覧ページの
こちらのバナーか「まとめて購入」画面よりご購入ください。
1話ずつの購入では50%OFFが適用されません。
・キャンペーン①で期間限定で無料になる話数(11話~15話)はキャンペーン①実施期間中は全話パックに含まれなくなりますのでご注意ください。
全話パックは未購入の話があれば再度購入できますので、キャンペーン後に残りの話数を全話パックで購入頂ければ50%割引で購入が可能です。
・すでに購入済みの話があった場合、それを除いた未購入の話全てを一括で購入し、合計金額が50%OFFされます。
・web版からはご利用になれませんので、アプリからご購入ください。
・購入にはログインが必要です。


▲目次へ戻る


実施中のキャンペーン③

1話購入ごとに10coinプレゼント

面白そうだけどいきなり全話買うのはちょっと…
というあなたのために朗報です!
1話購入ごとに10coinプレゼントキャンペーンも実施中、実質20%割引で買えちゃいます!
「まずは10話分…」「気になる話だけ買ってみよう」など、お得に活用してください!


キャンペーン期間

2019/10/1(火)0:00~2019/12/31(火)23:59

注意事項

・1話購入ごとに受け取りBOXに10coinが届きますので、そちらからお受け取りください。

・プレゼントされるコインの消費期限は7日間となっていますので、お受け取り後はお早めにお使いください。

・全話パックで全話一括購入された場合はコインプレゼントは行われません。
代わりに全話パックは50%割引で購入することができます。

・web版からはご利用になれませんので、アプリからご購入ください。
・購入にはログインが必要です。


▲目次へ戻る


読者コメント数が多かった話
ランキングTOP10

全120話の本編で、皆さんが最も盛り上がった瞬間・回はどこなのか?
今回はコメント数でランキングにしてみましたので、順位を予想しながら読んでみてください。
あなたの好きなあの「神回」もきっと入っているはず!

※以下、本編の内容に触れておりますので、未読の方はご注意を!
※2019/10/8現在。対象は本編のみ、特別話は集計対象外です。




順位タイトルコメント数
10位
第69話「デジャヴュ」
580
9位
第61話「ダイニング・テーブル」
587
8位
第4話「遠足日和」
593
7位
第100話「あなたはどうして」
625
6位
第51話「二人のバースデイ」
694
5位
第93話「ここからどこへ」
715
4位
第34話「湛える」
748
3位
2位
1位


▼そしていよいよTOP3の発表です!▼


第3位

第11話「もう一回やりなおす」
768コメント



このエピソードを読みに行く
【読者コメントより】

スミカちゃんが笑った!!かわいい~~~これをずっと待ってた!

スミカと気持ちが重なったんじゃないかと思うくらいに、思わず笑顔がこぼれました。
素直で優しいスミカが、様々な経験を通して、自分の気持ちを正しく整理し、それを表現できるようになっていくことを本当に嬉しく思います。

クラスメイトとも仲良くなりはじめ、色々なことを学んでいくスミカ。
スミカと昭明さんの「ただいま」「おかえり」は、この後の展開でも大事なキーワードになっていきますね。




第2位
第20話「学問の鳥瞰図」
849コメント



このエピソードを読みに行く
【読者コメントより】

この回は、本当に世界中の人に読んで欲しいくらい感銘を受けました…
まさに一人の少女の中で学ぶ事に対する革命が起きた瞬間。
スミカの人生が変わった瞬間。であると同時に、学ぶ事の本質を捉えてる素晴らしい回です。

すごい! すごい!久しぶりに泣いた!

なんだこれ?言葉が出ない…
もっと 早くにこの作品と出逢いたかった。

… 今からでも 間に合うかな?

学ぶこととは何か?その答えにたどり着いた、一人の少女。
スミカの表情、そして彼女を導いた昭明さんの表情に注目。




そして堂々の第1位は…!


第1位
最終話「僕の住処」
1160コメント



このエピソードを読みに行く
【読者コメントより】

すみかを成長させた人
すみかが成長させた人
全員との繋がりがずっと続いてること、とても嬉しい。
こんな尊い最終話、胸がいっばいにならざるを得ない。

なみだで画面が見えなくなりました。良かった。みんな幸せそうな最後でよかった。

美しくて、深くて、そして学びを与えてくれる作品でした…。
昭明さんの元で澄花が良い方向に変化していったように、この作品に触れて何かが変わっていった読者はきっと私1人ではないんじゃないかと思います。
きっと、藤の先生が読者にとっての昭明さんでした。

1000以上ものコメント数を集め、圧倒的に多かったのはやはり最終話。
読者納得の心温まるラストは感動の嵐。
ネタバレにならないよう、1コマだけご紹介します。

この作品で描かれてきたことを、包括し表現しているセリフと言っても過言ではないかもしれません…




いかがでしたでしょうか?
皆さんの好きな回はランクインしていたでしょうか?

改めまして連載中、そして完結後も『せんせいのお人形』への応援、本当にありがとうございました。
『せんせいのお人形』を末永くよろしくお願いいたします。


▲目次へ戻る












運営スタッフのあとがき


・・・お?ここにお気づきですか?

こんにちわ、本特集を担当しましたcomico運営のスタッフです。
今回は少しだけスペースを頂き、本作品についてちょっと語ってみたりなんかしようと思います。

そもそもこの「せんせいのお人形」はcomico PLUS(※comicoの姉妹アプリ。現在はサービスを終了)のWEB限定版作品だった、ということをどれだけの方がご存知でしょうか。
comico PLUSのWEB限定版ってどんなところかと申しますと、まぁまぁなかなか過激なところで。
エロやグロなどの表現もOKな場所だったんですね。

そんな場所で始まった作品だったんですが、始まった日のことは今でも忘れません。

編集担当「明日から新連載始まります、このバナー出してください。」
と言われ、渡されたバナーは



うわぁ、えげつねぇのきたなぁオイ…(;´Д`)

どう見ても後ろのドSっぽい先生が目の前の少女にピーしてピーしてピーなことになるマンガじゃないですか。笑
これがいわゆる「タイトル詐欺」と言われる所以ですね。

そういうジャンルは苦手だった私は、最初は「せんせいのお人形」を敬遠していたんです。
しかし仕事上読まなければならない機会が訪れ、ちょっと渋々ながら読んでみると



めっちゃ、おもろいやん



何やこの逆タイトル詐欺は!
コメントランキング8位にもあった第4話「遠足日和」でどハマりしました。
その時は確かまだ10話ちょいくらいだったかな?
一気に最新話まで読み進め、毎週、一読者として読むのを楽しみにしていました。

そしてコメントランキング2位の第20話「学問の鳥瞰図」で完璧に虜になり
この頃になると編集担当と「これ全人類が読むべきだよね」なんて話をしてました。笑
あと、早くバナーと表紙の画像を明るいやつに変えるべきだってずっと言ってましたね。

そこからはせんせいのお人形を少しでも多くの人に届けたいと思い
特集ページを作り(上で紹介している特集も私が担当しました)
comicoに掲載場所を変えるべきだ!と提案したり
個人的にも一押しし続けていました。
書籍化決まったときは嬉しかったなぁ、連載初期から本当に多くの声を頂いていましたからね。

そうそう、これも知ってる方がいたらだいぶマニアックですが
実は昔、「カイシャクサマ」の作者・乱ぼたんさんとコラボしたことがあるんですよ。



ちょっと意外でしょ?

時は経ち連載開始から3年…
comico PLUSのアプリ版、そしてcomicoへ掲載場所が変わり
最終話、1000コメント以上の温かい言葉に包まれて完結した本作を私も涙ながらに見守りました。
勝手に「ワシが育てた」感を少し感じながら。。。笑


本作品を生み出してくれた藤のようさん、編集担当、そして何より本作品を愛してくれた読者の皆さん、本当にありがとうございました。
何度読んでも面白い作品だと思います、定期的に本棚から取り出して一気読みしてくださいね。

▲目次へ戻る