お知らせ

[重要]comico3周年のご挨拶とお知らせ


本日10月31日、comicoは3周年を迎えることができました!読者の皆様、作家の皆様、本当にありがとうございます!
この良き日を記念して、comicoのこれまでを振り返り、comicoから読者の皆様へあらためてお伝えしたいことがあります。とても長い文章になってしまいましたが、comicoからのお手紙のような気持ちでお読みいただけると嬉しいです。



タテ読みタダ読み「comico」の誕生
2013年10月、“多くの作家が優れた才能を発揮し、チャンスを掴める場を創出したい。作家の夢を叶える支援をしたい”という想いのもと「comico」が誕生しました。作品の素晴らしさをひとりでも多くの方にお届けできるように、完全無料を実現しました。また当時はまだ日本においてスマートフォン(WEB)でマンガを読む習慣が定着していなかったため、comicoは「読者と共につくる」姿勢を大切にしました。


皆様と共に成長した3年間
comicoでは、作家をはじめとして、編集、サービス開発、デザインなど、たくさんの人たちが力を合わせてサービスをお届けしています。アプリのダウンロードが1,000万件に達した2015年春には、サービスの成長に伴い、これらcomicoを支える人たちも大人数となりました。そんなcomicoがこの先も継続的に良質な作品と楽しい場をお届けし、また作家に夢と安心感をもって創作活動に邁進していただくためには、作家、そしてcomicoという場を支える“資金”が必要です。そのために、comicoはサービスを通じて収益化を目指す必要がありました。


新しいムーブメント“応援システム”
読者の皆様に楽しみを提供しながらcomicoが利益を得るために、comicoはグッズや単行本の販売を進めてまいりました。そしてさらに、「読者と共につくる」という姿勢を大切にした、comicoらしい収益化の取り組みとして、課金機能を備えた“応援システム”を2015年秋に開始。これにより、オススメでは実現できなかったファンの熱い応援によるランキングの変動という、素晴らしい実績が生み出されました。しかし、この試みはまだはじまったばかり。これからもあたためてまいりますが、“応援システム”は、現在、まだ場を支えるだけの潤沢な利益を得られているとは言えません。


この先も感動をお届けできるように
そして現在。皆様から寄せられた沢山の応援のお陰で、アニメ、ドラマ、映画化などの話が実現に向けて進んでいます。しかし一方で、少しずつステップアップを重ねながらも、当初見込んだ収益化の目標は未だに達成できておりません。読者の皆様に継続的にサービスをお楽しみいただきながら利益を得る方法を思考し、次の一手として検討している新たなチャレンジが、11月下旬のスタートを予定している「先読み」機能です。「先読み」とは、応援ポイントを消費することで、さらにその先のお話をいち早く読むことができる機能です。先読み対象作品は一部の作品からスタートしますが、随時増えてまいりますので、どうぞご期待ください。
※毎週1話が無料で読めるこれまでのルールに変更はありません。これからもcomicoは完全無料でお楽しみいただけます。
※comicoは11月下旬(予定)に「先読み」機能追加をはじめとしたリニューアルを行います。リニューアルのより詳しいご案内を11/1(火)お昼12:00にお知らせページに掲出します。
この他にも、収益化に向けたチャレンジは、comicoらしさを大切にしながら今後も検討してまいります。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。私どもがcomicoにこめる想いは、サービス誕生から今も、そしてこれからも変わりません。これからも全国の皆さまに笑顔と感動をお届けするべく、来年も皆様と笑顔で4周年を迎えられるよう、comicoはよりよいサービスを目指してまいります。
どうか今後とも作品および作家への温かい応援と、編集部への叱咤激励をよろしくお願いいたします。





2016年10月31日
comicoスタッフ一同


休載作家について
少し話が変わりますが、最後に皆様にお詫びがございます。長期休載作家の状況について、多数のお問い合わせをいただきながらもご返答ができずご心配をおかけしてしまいましたこと、本当に申し訳ありません。しかし、作家のプライバシーを守りながら誤解のない情報をお届けするためには、もう少しお時間を頂戴したく思います。編集部は休載作家の皆様が再びcomicoでご活躍いただけるよう、今も、これからも全力を尽くすことをお約束します。また、休載中作家の皆様も、読者に作品をお届けしたい一心でいらっしゃいます。お願いばかりで恐縮ですが、あたたかく見守っていただけますと幸いです。