2020年 04月期 結果発表

2020年 04月期 結果発表

シルバー賞
5万円

君の青を辿って はつせなな

作品を読む

編集部コメント

いつもいじめから守ってくれた幼馴染の宙。彼の転校直前、ファーストキスを奪われ、ピアスを開けさせられた大地だったが、入学した高校で再会し…? とても可愛らしい絵柄と丁寧な作画には非常に好感が持てます。少しだけ表情が硬いので、笑顔や泣き顔でもう少し表情を崩しても素敵と思います。ストーリーもよくまとまっていますし、ピアスをモチーフとするのが可愛くてよいですね。ただ、同性愛に対するいじめがきっかけで二人が恋心を抱くというのはBLとして少し典型的すぎるかな…とも感じました。二人にしかない理由で惹かれ合う独自性を表現できたらさらに最高!と思います。この度は受賞誠におめでとうございました!(編集:N)

二次元女と三次元男 久永沙和

作品を読む

編集部コメント

最初、二次元女と三次元男の漫才のようなやり取りに大笑いし、ラストは感動的な展開が待っていて、思わず唸ってしまいました。 ストーリー作りが群を抜いておられるので、是非、他の作品も見てみたいです。(編集:おさやん)

期待賞
1万円

造花と花束 枯茶真

作品を読む

編集部コメント

丁寧に仕上げられた原稿が印象的でした。 ストーリー面では、主人公の樹の描写が少なく、 他のキャラクター同士のやりとりが続く場面が多いので、 読者の視点からすると疎外感を感じてしまいます。 主人公以外のキャラクターが会話している場面でも、 樹が会話を聞いていた場合には、そのとき樹がどんなことを考えているのかの描写が入るだけで、印象はだいぶ変わるのではないでしょうか。 キャラクターそれぞれの個性は出せているので、今後は樹と他のキャラクターがどう絡んで、それぞれがどう変化していくのかが見たいです。 (編集:ゾノ)

さくらの恋 ポリン

作品を読む

編集部コメント

とても素直に等身大の女の子の恋を描いていて、好感が持てます。絵はまだまだ未熟ですが好みの分かれるタイプの絵柄ではないので、このままレベルアップしてゆきましょう。第1話で主人公が恋に落ちるきっかけとなった「目にゴミ入っただけ」というシーンが、5話でちゃんと伏線として回収されている点も評価したいです。素直過ぎてギミックがほしいところはありますが、読者の反応をよく検討しながら、まずはこの作品を最後まで描き切って、どんな形であれさくらの恋を成就させてあげてください。この度は受賞おめでとうございました。(編集:T嶌)

MASOCHISTICA-XVI 白藤鹿路

作品を読む

編集部コメント

つかみが上手い。隙のない原稿に今回の応募作品の中で最も気迫を感じました。SADSが車内に乗り込むところなど、緊迫するシーンが印象的に描かれていて、世界観がしっかりある作品だと思います。作画は全般的に申し分ないと思いますが、とくに表情がよく描けていて、目だけでも物語が見えてくるのがいいです。コマづまりを解消したり、展開をわかりやすくするコマをプラスするともっと読みやすくなるのでは。つづきもたのしみにしています。(編集:農婆)

今日からイケメン辞めます! 傘屋

作品を読む

編集部コメント

小さい頃モテモテだった主人公が成長し、壁にぶち当たり、イケメンを封印して新しい生活を送る…ここまでが1話にぴたっと収められており、ストーリーの流れを作るのがとても上手です。最後の引きも良いので、ここで終わらず2話以降を投稿して作品のファンを増やしてほしいです。また、振られるシーンでの「葉の影」、最後のコマの「花模様」など、キャラの心情を表す素材の取り入れ方も良いですね。 一方で、ところどころ横書きが混ざっているので縦書きで統一するようにしましょう。そうするともっと読みやすくなります。続きを楽しみにしています!(編集:彩)

一途。 るんぱ

作品を読む

編集部コメント

可愛らしい絵と作品の雰囲気があっています。コマ割も見やすく、ちょうどよい長さで描かれています。 キャラクターの意気込みや緊張感、性格がわかる描写などが加わると、よりイメージがわきやすくなるので、意識してみてください。 『一途。』というタイトルですが、誰と恋愛に発展するのかがまだ描かれていないので、今後の展開に期待です!(編集:だいふく)

ケモノ学校に転校したらモテモテで触られまくってます(改) 湊ユウキ

作品を読む

編集部コメント

タイトルの通り主人公がイケメン獣人達にモテモテになるお話。 面白い見せ方なのが、主人公は普通の女の子ではなく、重度のケモナーという設定でほぼすべてのセリフがモノローグで進むところ。心の中で狂喜乱舞のツッコミがテンポがよく、毎話入る獣人の魅力に主人公が昇天してしまうシーンが面白さ、魅力を引き立てていますね。 一つ一つのコマが小さく間隔が狭くなっている部分が多いので、間隔をあける、コマの大きさを調整してみるとより読みやすくなると思いました。 また今後の展開でワンパターンにならない工夫は必要かもしれません。 引き続き楽しみにしています。(編集:きのこ)

人魚と盲目(BL) どろしぃ

作品を読む

編集部コメント

従来型のモノクロ見開き作品でページ数もわずか14枚ですが、テーマを絞り込み、贅肉を削ぎ落として必要なことだけを原稿用紙に投入し、ページ数よりもずっと大きな印象を読者に与える事に成功しています。40ページ50ページの作品でも、詰め込みすぎたり明確なテーマを持たないままネームを切ったりで、この作品より心に残るものが少ない作品は沢山あるので、短編として高い完成度だと言えるでしょう。足りないものは画力と「キャッチーさ」くらいです。画力は才能によって速度の差はありますが、ネーム力と違いペンを握った時間に正比例して伸びるので、ガンガン描いて精進してください。この度は受賞おめでとうございます!(編集:T嶌)

インド人のようでインド人ではないインド風彼~ ささもとろこ

作品を読む

編集部コメント

実際に作家さんご自身が経験された出来事が描かれているとは思うのですが、それでも、きっちりマンガとして成立するように物語を組み立てる手腕は見事だと思います。 あらすじで「100人以上と会うも、結婚できず」と書かれてますが、その辺りの話もマンガとして読んでみたいです。(編集:おさやん)

総評

comico 編集部
いつもたくさんの御応募ありがとうございます。
4月期も力作が多数届きました。シルバー賞2本出ました。

はつせななさんの『君の青を辿って』
人を好きになることの切なさやドキドキ感が丁寧に描かれていて好感が持てます。
絵柄も過不足なく、読みやすい画面構成です。
まだ高校の入学式という序盤ですが、今後の展開が楽しみです。

久永沙和さんの『二次元女と三次元男』
4コマの連作という珍しい形式。
理屈っぽいですが、説得力ある展開に笑えます。
4コマなのに、しっかり主人公が成長していくところもユニーク。
異色でありながらオーソドックスな作品でした。力作。

ほかに期待賞8本。
今回は、読みやすく、分かりやすい作品が多かった印象です。

世間が騒然として先が見えない今こそ、物語の中だけは
完璧にコントロールされた世界でありたい。
安心して読める、読むとホッとする等、物語の効用は大きいです。
安全圏から主人公を眺めるのも良し、主人公と一緒にハラハラドキドキするのも良し。
そもそもマンガを楽しむときの気持ちってどうなんだろう?
そんなことに想いを馳せながら、日々作品作りに励んでもらいたいです。

来月も力作をお待ちしています。(編集長:武者正昭)
その他のコンテストはこちら
TOPへ戻る