2019年 05月期 結果発表

2019年 05月期 結果発表

ゴールド賞
10万円 + 担当編集付き

トライアングラー KIYUMI

作品を読む

編集部コメント

日常が突如非日常に変わる恐怖が、赤黒の色彩転換で上手く表現されています。ホッチキスがカチカチと襲ってくる描写はかなり迫力があり、アクションも魅力的でした。文房具というユニークなアイデアと散りばめられた謎が、今後どのように展開していくのかも気になります。 KIYUMIさんは、『THE BUBBLE』『森ガールのベヨッタさん』と、意欲的にチャレンジへ投稿いただいており、描くたびにレベルアップされていて、これからの作品も非常に楽しみです。 今回は4話目までアップされているのを拝読しましたが、主人公の心情、キャラ性がややわかりづらいので、今後は性格や目的などを1~3話の間で明かしていくことを留意してみてください。 もっと物語が生き生きとし、読者が感情移入しやすくなると思います。(編集:たかしろ)

シルバー賞
5万円

さよならのくじら 匣乃シュリ

作品を読む

編集部コメント

幻想古代生物の研究者クリフは百年に一度死者の魂を食い漁り消えてしまう巨大な空飛ぶクジラを追い求めている。そこにはひとつの切なく哀しい理由があって…? クジラや廃墟、機械人形といったモチーフを巧みに使い幻想的で切ない物語にうまく昇華していると思います。意図的であれ、やや傲慢な主人公に好感を抱きづらいので(女性に対する態度など)、もう少しセリフ回しや表情等で内心の感情を膨らましたほうがよいかも。作画はとてもこなれていて、クリアで深い色づかいが大変美しく、カラー特性とご自身の強みをしっかりと生かされていると感じます。この度は受賞誠におめでとうございます!(編 集:N西)

バニラタイム ほしかど

作品を読む

編集部コメント

雛は鹿嶋君に一年間毎日「好き」と伝えることを日課としている。鹿嶋君はそれを聞き流しているだけかと思いきや、だんだんと雛の独特の空気感に魅了されていき…? 雛と鹿嶋君の掛け合いは独特の味わいがあって大変可愛いです。ただ、より魅力的なキャラクターにするためには、あともう一歩、それぞれにとんがった個性での味付けもほしいところかなと思いました。絵柄については、既存作家の影響がみられた前半に対して、最新の投稿作では独自のタッチを少しずつ獲得できていると思いました。さらなる成長を非常に楽しみにしております! この度は受賞誠におめでとうございます!(編集:N西)

期待賞
1万円

アオハルノスタルジック

作品を読む

編集部コメント

カラーの表現がとても色鮮やかで、読んでいるとまさに「ノスタルジック」な気持ちになる作品でした。いつも冷静な泉沙羅が成瀬に「昔、学校のとある場所で泣いていた理由」を聞かれた時の取り乱すシーンは、表情だけでなく、「スカートをギュッと掴む手」などの表情以外の部分の表現も加えられていて、女性(女の子)の感情が豊かに描かれています。瞳や顔の輪郭など、キャラクターの顔や人体のバランスが少々定まっていない部分がありますので、そこが上達すればさらにキャラクターの感情が読者に伝わると思います。(編集:ナガッセ)

兎と亀~鴨を添えて~ ラリレオン

作品を読む

編集部コメント

「ウサギとカメ」の寓話をモチーフにした作品。 カメがマイペースなのはお約束として、ウサギが次々に表情やタッチを変えて動くので読んでいて小気味よい印象でした。 ただストーリーの面では、誰もが知っている話をベースにしているだけに後半の展開に一捻りほしかったです。 カモの腹黒さをオチにするのであれば、途中のトラップをもう少し凶悪なものにするとメリハリが付いたかもしれません。(編集:わんわん)

死鬼 新ソト

作品を読む

編集部コメント

「見てはいけないものを見てしまった…」という緊迫した空気感がひしひしと感じられる作品。 正体不明の鬼(?)、友人から借りたボロボロになったパーカー、忙しくなった原因の紀野さん…。気になる謎がたくさん散りばめられていますが、この世界で何が起きているのか、鬼に襲われたことによる主人公自身の変化も伝わりにくく、もったいなく感じました。今後の展開を「期待」させる要素が増えるよう、読み手の気持ちを意識した作品作りをしていただけければと思います!更新を楽しみにしています。(編集:だいふく)

Day Dream ゆうき

作品を読む

編集部コメント

絵柄や演出がとてもかわいいですね。 丁寧に画面を作られてると感じて好感が持てました。 優しい色合いが作品の雰囲気とマッチしていてとてもいいですね。 好きなものを表現する、というところはしっかり出来ていると思うので 今度はどんなキャラクター、構成にすれば 自分の伝えたいことを読者に伝えられるか、読み手を意識して 作品作りができるといいなと思いました。 今後のゆうきさんの作品作りに期待しています。(編集:きのこ)

ヒモ男と取立て女 地球人みたい

作品を読む

編集部コメント

無職コンプレックスが激しく、24時間スーツを着ているヒモ男と、それを養う女性の日常を描いたギャグマンガ。かわいい絵柄と独特のギャグセンスが光っています。 主人公のキャラが立っていて楽しく読めましたが、全体的にコマのバランスを整えるとより読みやすくなると思いました。具体的には「ストーリーの強弱をつけるところ以外のコマの大きさがバラバラなので、統一感を出すこと」、「話の最後にあるツッコミと次の話のタイトルが近いので、読者を混乱させないよう話と話の間をあけること」です。ギャグマンガはネタが命ですので、キャラがブレないよう、どんな話を広げていくのか、今後が楽しみです。(編集:彩)

総評

comico 編集部
月間賞5月期にたくさんのご応募ありがとうございました。 これからが楽しみな作者に出会えてうれしいです。 KIYUMIさんの「トライアングラー」はハイセンスな作風です。 乾いた怖さというんでしょうか、独特です。 匣乃シュリさんの「さよならのくじら」は、 くじらをモチーフにした幻想的な作品。色使いも奇麗です。 ほしかどさんの「バニラタイム」は、甘さ全開の青春恋愛もの。 主人公たちが生き生きしているのが好感が持てました。 ほかにも興味深い作品が多々あり、選考は楽しく進みました。 また来月も多くの応募作をお待ちしています。(編集長:武者正昭)
その他のコンテストはこちら
TOPへ戻る