第5回お題チャレンジお題は「色」募集期間2017.9.11~2017.10.9まで

・結果発表

大賞
公式デビュー+JCBギフトカード1万円分

該当作品なし

入賞
公式連載スカウトチャンスあり!+JCBギフトカード5千円分

※順不同

神様とイケメンとついでに私

作家:あとみ

神様の声が聞こえる少女と、それを取り巻くイケメンたちとのちょっぴり切ない恋物語。

作品をみる

・編集部コメント

物語の根幹である主人公とその周辺のイケメンたちの謎を上手に織り交ぜながら、フキダシの会話劇がテンポよく書かれていて、一見重そうな題材ではありますが漫画のようにライトに読めました。お題の『色』の要素が弱めなのが少し残念ですが、この先『古事記』とどう絡むのか続きが気になります。

金色の女王蟻

作家:たかはしえみ。

異性とまともに会話もしたことがないまま、十五歳の誕生日を迎えてしまった私は、友人たちから願い事を書くと叶うと言われている白い石をもらう。 『彼氏ができますように』 これは運命か呪いか。 正反対のふたりが、その石の不思議な力によって、強引に引き寄せられるーー

作品をみる

・編集部コメント

最強のヤンキー女子ありさと、巨漢の男子太一とのかけあいのテンポも非常によく、ありさの圧倒的なまでの強さには惚れ惚れしますね。この流れで物語が進行するのかと思いきや、急変するストーリーに今後の展開がどうなるのか気になりました!序章がすこし長くも感じるため、構成を検討するとさらに冒頭から読者をつかむことができると思います。

大人の秘色

作家:池谷櫂

「何色なのか、確かめてみますか?」その言葉は、挑発か、誘惑か、それとも危険な罠なのか。

作品をみる

・編集部コメント

冒頭の『どどめ色』の引きがとても上手で、地の文はしっかりと書かれているのにスルっと読めてしまいました。年下上司との王道系恋愛モノのようですが、ここに警察という特殊な環境のお仕事がどう絡んでくるのか、今後に期待の持てる5話でした。

りんごちゃんは赤面症

作家:いのり

相川倫子は赤面症。 そのせいで中学時代は「りんごちゃん」と呼ばれからかわれてばかり。 高校生活こそは、と意気込むがやはり赤くなるのは止められない。そんな彼女の隣の席になったのは、ちょっと変わった男の子だった。 内気な女の子が成長する青春物語

作品をみる

・編集部コメント

コンプレックスをもつ女の子の恋愛を、『色』というテーマを使うことでうまく表現することができている作品でした。タイトルやキャラクターの名前もかわいらしく、作品の雰囲気とあっています。5話ではまだキャラクター紹介にとどまっている印象でしたので、今後どのようにりんごちゃんが成長していくのかが楽しみです。

何色にもなれない君

作家:夜門シヨ

色でその人の性格が分かる主人公藤崎新汰は、転校してきた神楽坂恵美の事が気になり始める。 それは彼女が珍しい色を纏っていたからだ。

作品をみる

・編集部コメント

フキダシの名前を使った表現が面白いですね。また、それぞれの話にきちんと引きを作ったうえで次の話につなげることができているため、どんどん先を読ませる力を持っています。恋愛かと思いきやドラマ性を感じる5話目に今後の展開が気になりました。

ノベル編集部 応援賞
クオカード500円分

※順不同

こころの花

作家:怜

亜紀は彼岸花の絵を描いていた。家賃5000円の事故物件で暮らしながら。 井上は会社員でありながら小説を書いていた。いくつか出版もしている。しかし、大きく売れる兆しもなく、このまま兼業で作家を続けようか、専業になろうか迷っていた。

作品をみる

・編集部コメント

丁寧な描写と雰囲気ある表現で作品の『色』を作ることができています。家賃5000円の事故物件に住んでいるなどの設定の面白さはあるのですが、何を目的として進むストーリーなのかを分かりやすくするともっと先が気になる見せ方ができるのではないかと思います。

Absolute XXX

作家:佐織えり

人外の生物が起こす事件の担当をすることになった香と暢之の物語。ダークファンタジーです。

作品をみる

・編集部コメント

丁寧な文章と考えられた設定で物語を読んでいくうちに引き込まれていく作品でした。「人外生物対策室」がどのようになっていくか楽しみです。タイトルと1話からでは、この作品がどういったものであるのかが見えにくいので、題材が難しいだけにタイトルを分かりやすくするか、1話目でどのような設定なのかをかけると読者も入りやすいかと思います。

※あらすじは、登録情報から作品紹介要素を含む文章のみ掲載しております。

その他のコンテスト

もっと見る