この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

輝林

引き続いて遊園地です!
小学生の時、透明観覧車に友達のお母さんと二人で乗った思い出があります。
なんとも不思議な状況でした(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ