この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

サクラギンガ

さてさて、前回いかにも赤ずきんっぽく出てきた奴が、実は赤ずきんを追っていた奴で、さらに本物の赤ずきんはマコトでした、というオチでございました。
二転三転しすぎたかな…(笑)
こういうプチトリック的な事が好きです。
そしてヒミコの光の能力応用ハンパねぇ!っていう。
マコトの身体能力は一般人並です。
ただ、その彼が頭をフル回転(想像・妄想)させる事で少し違う世界が見えている、そんな風に描けたらなーと思ってます。
次回、赤ずきん編完結。お楽しみに!
僕は鍋が食べたいぞォォー!!
ここ数日寒すぎでしょ!
液タブあたたか~い

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ