この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2,264

朔空誓河

私の母親が学生時代に作ってくれていたお弁当は、常に茶色く、それを何とかしようとしていたのか、差し挟まれていたプチトマトの赤色だけが茶色の中で異彩を放つお弁当でした。周りの子たちの色とりどりの鮮やかなお弁当が羨ましかったです。
譲木センセーは、お茶をいれるのは得意ですが、料理はまったくしません。
それと、センセーの属性は「氷」です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ