この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

246

荒井海鑑

前作と作風を変えました。
前作のようなギャグを期待していた
読者のみなさまごめんなさい。

でも、他の作家さんが描かないような
作品にしたいという魂は同じです!

読み進めていくと、
前作を彷彿とさせる演出に
出会えます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ