この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,400

あまね水咲

ご覧頂きありがとうございます。
ここまでがオープニング序章となります。
序章で物語の基盤となる伏線をいくつか入れさせて頂きましたが、謎解きをしながら少しずつ回収していきますので、お楽しみ頂けたら嬉しいです。
金髪君の名前を出すタイミングを完全に見失いました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ