この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

アシガル丸

水キミ5話お読みくださりありがとうございます~。
最近指にペンだこらしきものができかけている雰囲気をかもしだしています。
学生の頃から周囲には絵を描く人が多かったので、ペンだこがある人がちらほらいました。
その頃自分にはペンだこがない指だったので羨望の眼差しで友人の指をガン見してました。
つかい込まれた手に憧れてます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ