この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

121

谷口崇(ILCA)

電車で、僕の向かいの席のイケメンが脚を組んで座っていて通路が狭くなっていたけど、どうせ周りの人たちは、「ほら、イケメンが脚を組まれているんだから、谷口おまえが脚の関節をはずすなり腎臓を摘出するなりしてもっと小さく収まれよ。」と思っていたんだろうな。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ