この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

145

谷口崇(ILCA)

高校の友人がニューヨークに転勤するという話を聞いて、自分はいつまでもちんちんなどと言っていていいのだろうかと、心が揺れ動いた。まるで、ちんちんのように。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ