猫が僕に教えてくれたコト (2)

電子

猫が僕に教えてくれたコト (2)

信田朋嗣・矢尾なおや

21~44話

親元を離れ、東京で一人暮らしをしながら美術科のある高校に通う和泉博史。
もともと人と話すことが苦手な博史だったが、ひょんなことから部屋に招き入れた白猫の存在から、クラスメイトたちとの交流が生まれ始める。
その白猫に「ミィ」と名付け、正式に飼うことにした博史だったが、三者面談のため、博史の父が上京してくることを思い出す。
幼少の頃、猫嫌いの父に飼い猫を無理やり捨てられた辛い記憶と同時に…。
「ミィを同じ目に遭わせられない」。
博史は意を決し、クラスメイトに相談する――。 主人公の成長とクラスメイトとの友情を交えた、「猫と僕」のハートフルストーリー。きっとあなたも猫が大好きになる!

紙版を購入

電子版を購入

この作品の関連書籍

  • 猫が僕に教えてくれたコト (4)

    猫が僕に教えてくれたコト (4)

    2019.07.26発売

  • 猫が僕に教えてくれたコト (3)

    電子

    猫が僕に教えてくれたコト (3)

    2019.03.15発売

  • 猫が僕に教えてくれたコト (1)

    電子

    猫が僕に教えてくれたコト (1)

    2018.05.30発売