この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

28

鷹羽慶

※当作品はフィクションであり、事件等を助長する意図はありません。
 
読んでいただきありがとうございます。応援やコメント等も感謝です。
カレンダーがどんどんめくれていくので軽く青ざめておりました。おひさしぶりです。
 
こちらも大変おひさしぶり!のおにーさんの回でした。
ワトソンが名前呼びしてくれるのは親しくなった証。やったねUMAさん!
それにしても、おにーさんの記憶の中の子と最後の子…なんだか似ているような…?
 
次回も覗いてみてくださると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0