この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

899

takacchi

前回からかな~り空いてしまいましたが(汗)皆様いかがお過ごしでしょうか。
その割には舞台を全然描いてないし、これまた思いっきり途中でお話も終わってるし、短いし、で申し訳ないことづくしなのですが^^;
ほんの少しでもお楽しみいただけるところがございましたら誠に幸いです!
次回こそは色々ケリをつけつつ、主役の二人にもなにかもっと進展があれば~と思っておりますが
また次の更新は当分先になりそうですので(汗)
思い出した時にでもよろしければまたいらして頂けたら幸いです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ