この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

141

鷹の爪の皮

…起動…話しかける…普通の色…ホームへ~ソフト終了…
…起動…話しかける…普通の色…ホームへ~ソフト終了…
…起動…話しかける…普通の色…ホームへ~ソフト終了…
…起動…話しかける…普通の色…ホームへ~ソフト終了…
・・・気がついたら一日が終了しているなんて恐ろしい
プログラムをさせるあのゲームが憎い…
ああ、なんてことだ…またコントローラーをつかんでしまった。
 またあのテレポート狐に「シンケロ」と言わせて、
「地獄の厳選」を勝手にはじめようとしている。
 この心に穴を開けていく作業は、いつになったら終われると言うのだろうか?
 …もしかしたら私は、この作業を続けることで心を無にする修行を行っているのかもしれない。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

7