この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

443

六月睦月

ここまで読んでくれてありがとうございます。終わりを惜しんで頂けるのは本当にうれしいです。
このお話は暖め続けたお話でした。なのでものすごく緊張しました。今もドキドキしています。今の自分の全力です。
次回は全ての祈りの時間です。少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
お気に入りコメントいいね、青い鳥、いつも励みになっていますありがとうございます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ