この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

426

六月睦月

いつも読んでくださってありがとうございます。
初めましての人もありがとうございます。何とか八月にと思ったのですが…ちょっと遅れちゃいました。
間違いがあっても多めに見てくださると助かります。
やっと豊穣祭だー!ということです。
ただエミリアは好きな人と踊りたいだけなんですけど、
一度隠れた神様を表舞台に引きずりだそうとしている、それはディミトリにとって恐ろしいことなのかもしれません。
そしてディミトリはエミリアを人間にとって禁忌の時間に誘っています。お互い気持ちはまっすぐです。
少しでも理解していただけたら、それはもうとても…幸せです。
次はもっと早く更新したいです…!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ