この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

720

槻月沙江

第五話でございます。日本語の上達につれてリンちゃんの個性が出てきて、描いていて楽しくなってきました。お仕事も趣味もあまりわけずにコツコツ作業する方ですが、お仕事があるときはそちらを優先にしています。まあ現在は…あれです。おさっしください。
日本語教育の学校に通っていた私は、知識の定着や試験対策のためにこの漫画を描き始めたわけですが、皆様の応援やコメントのお陰で合格しました。ありがとうございました。
今は現場から少し遠ざかっておりますが、縁あればまた復帰するかもしれないので、ときどき思い出してエピソードを作ります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ