この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

土ノ子日月

エドワード:・・・
ミラム:ごくごくごく、プはー
エドワード:なぁ、何でオレ達がここにいるのよ
ミラム:ウ~ん、あー何か作者のコメントが短いから呼ばれたんだよ
エドワード:その瓶に張られてる、紙か?
ミラム:読みます、「よろしく」以上!
エドワード:目茶苦茶短いのよ
ミラム:ゾーイも昔はかなり目茶苦茶だったよね、ほら確か気球?で「空に飛んで世界を見よう」だっけ
エドワード:覚えているのよ、寝ているオレに対してお前が口に酒をぶち込んだの事もなぁ
ミラム:何、まだ怒っているの?
エドワード:あの後、逃げたよな?
ミラム:ふぅ・・・バッ
エドワード:待つのよ!
ミラム:やっば、酒が回る
この後、しっかり絞られました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0