この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

35

灰月火蛍

前回と描き方を変えて、より自分の線画に近いペン入れにしました。
前回は二次元感を大事にしましたがなんだかしっくりこず(笑)
やっぱりこっちがいいな。本にするときは1話目のペン入れを修正しようと思います。
お話はまだまだ序盤。
雪綺が梓に対して冷たい態度の日常(笑)
幼馴染がどうしてこうなったか、梓もショックでしかないですよね。。
あと6話くらい更新したら理由がわかる・・・かも(笑)
☆話の続きが気になる方向けにノベルでプロット版公開中です☆

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ