この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

21

ノドム

手を光らせるの楽しいなコレ。こんにちは、3話です。読んでいただきありがとうございます。応援、コメントありがとうございます。今回は鬱陶しい設定説明回を突っ込むべく、少し多めに描きました。文字だらけですみません。こういう所を上手くやりたいがレベルが足りない。それはさておき、あとは進めるだけだ―!はい。次回4話でお会いしましょう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ