この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

26

茶ノ山

このあたりから「うわぁぁ!ここは絶対書き直したい!!」っていう箇所が減ってきたので
サクサク上げ直していけたらなと思います。
※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話