この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

124

優生

優生(ゆうせい)と申します。最後まで読んでくださりありがとうございます。
ネットで活躍中の好きな創作作家様が実はクラスメイトで隣の席にいる一度も会話した事のない人だったらいいなと思いながら描きました。
また、過去作で気分で絵柄を何度も変えてしまった事があるのですが、今回は様々な設定で7つの描き分けにも挑戦してみました!難しかったですがとてもいい勉強になりました!
また別の作品でお会い出来たら嬉しいです。それでは失礼しました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

1