この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

16

りーば

もはや設定を説明する事は完全に放棄したまま最終回へ(笑)結局私がいつも描こうとしているのは、理不尽な運命を突き付けられたその時に何を選択するか、なのかもしれない。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ